1085
やまだの侃侃諤諤 ∋ やまだ、今日の一言
kankan-gakugaku

やまだ、今日の一言

富山往復840km その1
2013年5月17日(金) 05:10:02

富山で法事があり、遠くの親戚が法事にでてくれるというので、一緒に車に乗せていくということをやってみた。レンタカー借りて二泊で富山を往復するのと、1人で飛行機で往復するのと費用は同じくらい。しかも今回は長野の親戚にだいぶ出してもらったので、僕の負担分は6000円くらい。おじさんたちも法事には電車ででも行こうと思っていたというので、彼らにとっても安く済んだみたい、とはいえ、その分はたらふくお寿司をいただいたので、収支はどうだったのかいまいちわからんが。

5月10日、18時に八王子でレンタカーを借りる。じっくりと傷のチェックをしたので、18:20頃に出発。談合坂PAに19時着。途中、二度休憩して21時に長野県南箕輪村の親戚のところへ到着。

お寿司屋さんなので、夕飯はお寿司。マグロの中トロ、赤身に始まり、鯛、鯵の酢じめ、ヤリイカ、エビ、甘エビ、そい、ブリ、ウニ、イクラ、卵、シャコ、ツブ貝、ホタテ、穴子、ネギトロ、水だこ。これで全部かな?それに野菜の天ぷら、茶碗蒸し、アサリの味噌汁。特にシャコとネギトロがおいしかった。シャコはおいしくて感激していたら、最後にもう一つ「シャコの味だけで食べてみて」と出してもらった。並んでいるお魚一通りに、奥からでてきたものまで、満腹である。食後は、地図で道を確認し、コンビニの場所を確認し(出発直後の二店の次はなんと二時間以上走った後の神岡。)、東京からのおみやげを渡して、23時頃に就寝。

富山往復840km その2
2013年5月17日(金) 05:20:17

5月11日、6時10分出発。ちょうど一時間で奈川渡ダム、そこから50分程で栃尾の道の駅。朝の8時なのでお店も開いていないし、トイレと背伸びだけですぐに出発。神岡を抜けたら、国道41に入って、富山へ。村田製作所の近くを9時40分頃に通過して、法事の会場である富山県大門町へは10時10分頃に到着。

法事が終わってから、一件の寄り道。先月亡くなった母のいとこの子にお線香を上げに行った。三月にふとあの子元気かなと気になったのだが。

富山往復840km その3
2013年5月17日(金) 05:37:00

5月12日、朝からお土産にますのすしを買い、トマトを買いに出かける。とくにトマトやさんには伊那のおばさんも連れていったら喜んでいた。8時10分に月岡を出発。来た道をずっと帰って行く。9時40分頃に栃尾の道の駅で休憩。今度は昼間なので物産コーナーが営業中だったからおみやげ探し。山椒の粉、わさび、寒干し大根を買った。10時過ぎに出発し、薮原のところでカーナビが来るときとは別の道を指示するので、天気も良かったからドライブがてら左折してみた。11時40分にお寿司やさん着。そこからさらに、駒ヶ根まで母の叔母のお見舞いへ。リハビリのお昼休みを狙って訪問。東京へのおみやげに亀まんを買ってお寿司やさんへ戻る。13時過ぎだった。ここまででおじさんたちを送り届けるお仕事はおしまい。

お昼ご飯はお楽しみのお寿司。マグロの中トロ、赤身、サーモン、平目、ヤリイカ、イクラ、甘エビ、シャコ、水だこ、あなきゅう、卵、ツブ貝、ホタテ、マグロとたくあんを叩いた巻物。この日はこれからさらに東京までの運転があったので、腹八分目。

三日目で疲れていたようでちょっと居眠りをしてから15時ころに伊那を出発。疲れがでたので40分くらい走るごとに休憩。事故や故障車がいくつかあり、また小仏トンネルはいつものように渋滞していたので、19時40分ころに荻窪着。ここで彼女と合流して、夕飯へ。せっかく車て移動できるから、と思い、戸越のステーキハウスBMへ。喫煙タイムが始まる22時までに出ようと急いで食べる。

東京富山間を一人で運転したのは初めてだったのでとても疲れるけれども、十分にいける距離ではあるとわかった。また、山椒もわさびも寒干し大根もまだ料理していないので、どうやって食べようかと楽しみにしている。

弟の結婚式と披露宴
2013年5月21日(火) 10:12:40

5月17日、朝一番の飛行機で富山へ。鞄に刃物が入っていたため、手荷物をチェックイン。そのために朝は4:58に出発。空の旅は天候も良く、富士山もよく見えて、予定より五分ほど早く富山空港に到着。今回は叔父叔母を迎えにいくというミッションが与えられているので、弟の車を貸してもらうことになっている。先週のうちに鍵は預かってあり、弟が朝のうちに空港の駐車場へ車をおいている。空港の駐車場に自分の車を停めてあるというのは便利なのだなあと感じた。

叔父叔母も乗せて、ホテルニューオータニ高岡へ。僕はあわてて着替え。14階のバーが控え室になっており、係りの方と司会の打ち合わせ。弟から司会をやってちょうだいと頼まれたので二つ返事で引き受けたものの、当日は特に資料ももらえず、式次第も無く、次は何だったかな、と係の方へ聞きながら進めることになってしまった。もうちょっと準備が必要だったのかもしれない。

11時から、神主さんの前で結婚の儀式。天気も良くて気持ちいい日。(ホテルの中の神社部屋だから天候には左右されないが。)本人たちは和装、奥さんの方はきれいな打ち掛けまで着ていたものだから、ロボットがおっかなびっくり歩くようにしていた。簡単に親族の紹介があり、集合写真の撮影。和たちの着替えの間、控え室で二人のこれまでの歩みのスライドショーを見る。和の子どもの頃の写真を見ると、兄弟一緒に写った写真がさぞ多かったのだろうなあ。

12時頃からは披露宴の始まり。親族の会食のような雰囲気。奥さんのおばあさんが、父の子どもの頃の住所の近くにお住まいらしい。奥さんのご実家は利賀村から下りてきたらしく、うちの母方の祖母も利賀村から下りてきているので、気がつけば昔はかなり近所に住んでいたらしい。世の中の狭さなのか広さなのか、面白いなと思って聞いていた。

お天気と洗濯物
2013年5月21日(火) 23:04:34

5月19日、国分寺までドライブ。この時期は窓を開けて走ると、気持ちがいい。車内の会話が聞き難くなるのが小さい欠点。車の運転中の会話はどうも聞き取りにくいのは僕の左耳が聞こえないからだと思っている。そのうち、左運転席の車も試してみたい。

帰りは井の頭通りを通って、青山のファーマーズマーケットへ。ヒマラヤの岩塩を買うのが目的でも、一通りぐるっと回るといい香りや珍しい形に誘われて欲しくなってしまうものがある、という楽しい場所である。桐の中敷きは良さそうだったなあ。ゴマをすりつぶす香りに誘われて買った白ごまと黒ごまのごま油は楽しみである。ごま油のおまけに、すりごまをいただいた。サラダにふりかけたらおいしかった。ごま和えにしてもおいしいのだろうなあ。

もう一つの楽しみは、お日様の元でいただくおやつ。ピザ、ラザニア、チーズ焼きをおやつにいただく。この日は風の強く、紙皿ごと吹き飛ばされてしまいそうだったが、ピザは薪の香りもしておいしかった。

夕方は急に雨。慌てて家に帰り、洗濯物を取り込む。これから梅雨の季節はなかなか洗濯物も乾かず困る時期だが、今年は除湿機をもらってきた。部屋干しで、きちんと洗濯物が乾いてくれれば助かる予定。

27インチのディスプレイ
2013年5月24日(金) 10:27:07

ついに27インチのディスプレイを使うことになった。画面が広く、すぐに使いこなせるようになるとは思えない。一つ困っているのは、ディスプレイが鏡のようにきれいに反射すること。反射防止用のシートを張りたいかもしれない。

Thunderbolt 搭載のマシンでないと使えないディスプレイ。コンビュータを新調するタイミングかと思い、HDDだけを乗せ替えて、簡単アップグレード、と思ったら、OSが古いと新しいパソコンには乗せられないのね。うーむ。設定などは時間もかかるし、面倒なので、HDDの乗せ替えで簡単にすめばいいなあと期待して作業を始めのになあ。しかし、新しいコンピュータは古いOS では起動さえしてくれない。これを機にOSもアップグレードするべきか、とも思うのだが、二の足を踏んでいる。OSをアップグレードするとして困ることは、

  • 有料ソフトが使えなくなってしまう
  • 無料ソフトのインストールが面倒なことがある

という点。なかなかOSのアップグレードはできないなあ。

MINI System
Recent
Recent comments

2017年11月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年2月
2015年1月
2014年10月
2014年8月
2014年7月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2013年12月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
鮮やかな赤は1日以内に、
暗い赤は3日以内に、コメントがあったことを示しています。
· 富山往復840km その1 (0)
· 富山往復840km その2 (0)
· 富山往復840km その3 (0)
· 弟の結婚式と披露宴 (0)
· お天気と洗濯物 (1)
· 27インチのディスプレイ (0)
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年5月
2012年4月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
Copyright © 2006-2017 YAMADA Akinori, 山田明憲. All rights reserved.
Last Modefied Date : November 11, 2017(GMT)