1317
やまだの侃侃諤諤やまだ、今日の一言 ∋ やまだ、2006年6月26日の一言 -- 法科大学院適性試験の自己採点結果
kankan-gakugaku

法科大学院適性試験の自己採点結果

2006年6月26日(月) 18:03:23

第一部、第二部ともに50点満点です。
第一部 推論・分析力 : 44点
第二部 読解・表現力 : 39点
合計 : 83点

この点数がどの程度の点数なのかを知ろうと過去の結果を見てみた。83点は平成16年度の適性試験では上から数えて0.96%、平成17年度では1.53%。問題が難しいとは思わなかったけど、皆さん点数は良くないらしいです。予備校に定期生試験対策コースがあるらしいので、そういうのをいっさい受けたことがないと言う状況を考えれば、このくらいで満足していいのかもしれない。

Comment欄

まつお 2006年6月27日 00:58:34

お久しぶりです。モニターお疲れさまです。

けっこう頭使うでしょ?時間がきつめだから。

この業界の人として、目安になればと思いコメントを。

ロースクール入試という視点から結果についていうと、すごく優秀です。

おそらくどこでも通るレベルということになります。

もっというと、予備校の対策講座は大学受験予備校ほどの実効性はなく、

過去問をなぞるだけでこの手の試験対策には向きません。

(とある元予備校バイトの戯言ですが)

誤解を恐れずに言うと、考えることを放棄しがち受験生には

この手の試験はめっぽう弱いです。

ただ、頭の体操という視点で解くと、かなり練られた問題だとわかります。

あ、ちなみに

H16年度僕は79点でした。やっぱり負けた…

やまだ 2006年6月28日 07:17:16

時間は余りましたよ。将来が決まる法科大学院の受験生とモニター受験という違いから緊張感は違うかもしれませんが。一部は20分、二部は15分余りました。

おそらく、第一部は論理学の基礎をちょっと勉強すれば、簡単です。(僕が18年度の本試験を受けただけですが、問題文に矛盾を感じました。またきちんと問題を読んでみてから報告します。)とくに論理和、論理積、否定、必要十分条件だけをきちんと理解していれば、簡単なはずです。また、論理パズルとしては有名な問題によく似ていたように感じます。

第二部はセンター試験の国語を、とても簡単にしたような印象です。接続詞の穴埋めや、文章の並び替え、要約文の穴埋めが多かったように思います。こういう問題は僕のような人には簡単です。

Name : (空欄歓迎)

E-mail or URL : (空欄可能)

Comment : (空欄不可。HTML のタグは一切使えません。URLらしい文字列はリンクになります。 最近、スパムが増えたので、NGワードを設定しました。もしそれにひっかかってしまったら表示されませんが、ごめんなさい。)

MINI System
Recent
Recent comments

2018年6月
2018年4月
2018年1月
2017年11月
2017年7月
2017年6月
2017年5月